地域の景色と想いがみえる
只見生まれの米焼酎





世界一、和食に合う米焼酎をめざして

(福島初となる特産品しょうちゅう免許申請準備中)

応援隊大募集!!

目指すは、『世界一、和食に合う米焼酎』!

『只見生まれの「米焼酎」への想い』

 

「受け継いだ田を守り、豊かな自然の中、
米をつくりつづける大切さ。」

 わたしたちは、お米をつくる農家の集まりでもあります。ですから、わたしたちの焼酎は米つくりから始まります。

日本有数の豪雪地であり、ブナをはじめとする広葉樹の森林、昼夜の寒暖の差が大きい気候、清らかで豊富な水。

ユネスコ・エコパークに認定された只見町の世界にも誇れる豊かな自然の恵みをうけ、先祖から受け継いだ田を守り、ひとりひとりが、大切に、大切にお米を育てています。

「日本の只見でしかできない蒸留酒を。」

 蒸留という技術が日本に伝わってから数百年。醸造酒が広く親しまれていた日本では蒸留酒は九州以外ではあまり広がりませんでした。

しかし、蒸留酒は「生命の水」とも呼ばれ、世界中で親しまれているお酒です。わたしたちは、日本酒の醸造技術を土台に、蒸留技術を加え、世界でもここでしかできない米焼酎つくりを目指します。

お米ならではの旨みと、フルーティーな味わいは和食とも相性がよく、食中酒として地域に根付いていくことと思います。

「世界へ、そして、
   只見を継ぐ次の世代へとつなぐ。」

 米焼酎は、世界でもそのおいしさが認められてきています。常温でも持ち運び可能な米焼酎は只見を出て、大きく羽ばたいてくれることと思います。

また、焼酎は、長い時間をかけて熟成をし、さらに美味しさが増します。これから私たちが造るお酒は、10年、20年後の子供たちへ、つながっていきます。それはきっとこの地域を「継ぐ者」にとって宝物になることでしょう。

次の世代の為に、私たちはプライドを持って米焼酎をつくっていきます。

「日本の只見でしかできない蒸留酒を。」

 蒸留という技術が日本に伝わってから数百年。醸造酒が広く親しまれていた日本では蒸留酒は九州以外ではあまり広がりませんでした。

しかし、蒸留酒は「生命の水」とも呼ばれ、世界中で親しまれているお酒です。わたしたちは、日本酒の醸造技術を土台に、蒸留技術を加え、世界でもここでしかできない米焼酎つくりを目指します。

お米ならではの旨みと、フルーティーな味わいは和食とも相性がよく、食中酒として地域に根付いていくことと思います。

ブランド名『 ね っ か 』

商品ラインナップ(あくまで予定です。)

2017年1月創業開始予定(現在特産品しょうちゅう免許申請準備中)です。

沢山のご意見・想いを受けながら、ねっかの焼酎つくりが始まります。

(完成・販売時期は未定です。)

・ボトラーズ 
お客様の要望に応え、タンク一本仕込むオーダー焼酎です。
ニーズに合わせ、原料、アルコール度数、ラベルなどを変えることが出来ます。

・シングルカスク(家紋シリーズ)
蒸留した原酒をそのままボトリングします。
各ボトル味の違いを感じられる限定商品です。

・定番商品
~ 継(TUGU)シリーズ ~
只見ゆかりの武将「河井継之助」は、義理と人情を大切にし、幕末のラストサムライとも呼ばれています。この只見を「継ぐ」次の世代まで愛され続ける地酒を目指す。
そんな想いをお酒に込めたいと思います。
~ 結(YUI)シリーズ ~
この地域は、「結の精神」でみんなが助け合いながら生活しています。
そんな大切仲間が集まって飲む時に、ぜひ飲んでもらいたいと思っています。

・只見線ラベル
・ソウルフード「マトン」に合う焼酎などなど

空き家の活用

「想いを込めたリノベーション」
田んぼに囲まれた梁取集落。その田んぼの脇に、合同会社ねっかの事務所となる今は空き家の家があります。空き家といっても長い間放置されていた家ではなく、只見を離れてしまったけど、この家に思い入れのあるご子息が、大切に手入れをされてきた家です。この家をお譲り頂き、リノーベションをし、ねっかの焼酎造りが始まります。思い出のある家だから、私たちも想いを込め、出来るところは自分たちで改修をしようと考えています。

「田んぼの様子が見える家」
私たちのつくる田んぼは、東西に約10キロおよそ60ha(東京ドーム13個分)以上にも及ぶ広大な面積があります。その一部は事務所・蒸留所から見渡すことが出来ます。(下の航空写真地図参照)稲の生育をそばで感じるこの場所を、沢山の方が訪れ、集うところにしたいと思っています。私たちがおこなうリノベーションは、米焼酎をつくる工場ではなく、地域のコミュニティーを目指していきます。

「はやぶさが飛ぶ集落」
事務所がある梁取集落には、はやぶさのつがいが住み、大空を飛び回っています。はやぶさは、エジプトで天空と太陽の神「ホルス神」であり、日本でもはやぶさを祭る神社もあります。はやぶさが普通に飛び回る環境。すごいと思いませんか?

只見生まれの米焼酎
応援隊になってください!

只見から生まれる米焼酎は、沢山の応援・支援を必要としております。
ぜひ、応援隊になっていただき、これから生み出されるお酒を一緒に育ててください。

「私のお店で使用します!」や、「月1本、年間12本の応援します。」とか「お店で使用しますので、タンク1本(240本 720ml換算)応援します。」などの具体的な応援や支援も期待しております♪

※このフォームは購入を確約するものではありません。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

メッセージは送信されました。
ありがとうございます。

facebook掲載記事

2016年9月30日掲載

【改修作業】
自分たちで出来るところは自分たちで。
役員を中心に地域の仲間たちで、蒸留所の床板はがしをしました。
外の木や、整地などたくさんの仲間たちの力で、少しづつ改修が進んでいます。
みんなでつくる奥会津蒸留所。
完成が楽しみです。

facebook

2016年9月24日掲載

ねっかの役員が実行委員として関わってきた「18歳の酒プロジェクト」
今年は、私たちが作る米焼酎になる予定です♪
実は男子高校生はこのあと蒸留所の片づけを手伝ってくれました◎

facebook

『合同会社 ねっか』について
        (2016年7月11日設立)

「地域の想いをかたちにし、
       楽しいを次世代へつなぐ」

【理念】

只見を含む奥会津の素材・人を中心として、地域の新しい価値を生み出していきます。只見の新しいライフスタイルを提供・確立することによって雇用の場を生み出していきます。人と人とのつながりを大切にし、地域誘客、都市と只見の交流人口を増やしていきます。次の世代が安心して生活できる地域つくりを目指します。

 【3つのコンセプト】

1.豊かな只見・奥会津の魅力を伝える。
2.未来へつながる活力のある人材育成
3.みんなが楽める只見版ライフスタイルの提案

【ねっかの取り組み】

○ 農業にかかわる取り組み
 ・只見産米のブランド化事業
 ・只見の田畑を守る取り組み
○ 地域・集落との取り組み
 ・空き家の利活用
 ・梁取集落との協定団体
 ・その他、行政と連携をし地域と共に歩む取り組み

 【ねっかとは】

只見町や南会津南郷地域で使用する方言で、「ねっかさすけねぇー」など、「まったく」「ぜんぜん」を意味する強調するときに使用する言葉です。弊社では、可能性を否定せず前向きな気持ちでものごとをとらえ、「ねっかさすけねぇー(No problem at all)」の精神で歩んでいきたいと考えております。


【役員紹介】

只見町の米農家たちを中心とするメンバーです。

  代表社員 脇坂斉弘 
業務執行役員 三瓶清志 (米・酒米・南郷トマト農家)
業務執行役員 山内征久 (米・酒米農家)
業務執行役員 馬場由人 (酒米・南郷トマト農家)
業務執行役員 目黒大輔 (米・酒米・南郷トマト農家)

役員が守る田んぼの面積は約60ha以上。東京ドーム約13個分もの面積になります。

お問合せ
メール nekkallc@gmail.com
  • いいね!
  • シェア